ユネスコ無形文化遺産 | 国指定重要無形民俗文化財

横丁

屋台

赤が映える荘重かつ近代的な屋台!

町内の工人技術者によって昭和52年に造られたのがこの屋台。前面に須佐之男命伝説が、背面に唐獅子と牡丹が彫刻師・田中吉蔵氏の手によって彫り込まれています。全体的に赤を主体としており、荘重な中にも近代的な雰囲気が光っています。

 

得意曲

矢車