ユネスコ無形文化遺産 | 国指定重要無形民俗文化財

新町

屋台

女性的と讃えられるやさしい美しさ!

昭和32年に宮内庁の宮大工・土館治六氏によって建築、昭和54年に全面改築して現在の型になりました。
正面の鬼板は「月」懸魚は「うさぎ」で、中国の有名な古事をもとに、相川善一郎氏が重厚な作品に仕上げました。

 

得意曲

羯鼓

 

ソーシャルメディア