ユネスコ無形文化遺産 | 国指定重要無形民俗文化財

大町

屋台

全町最古の屋台の奥深い優雅さ!

全町内随一の歴史を誇る本屋台は、昭和12年に宮大工・鈴木喝雲氏の手によって完成。須佐之男命が八岐大蛇と戦う構図は圧巻です。各所に先見の明を持った工夫が凝らしてあり、後の屋台のはしりといわれています。

 

得意曲

霧囃子

 

ソーシャルメディア