ユネスコ無形文化遺産 | 国指定重要無形民俗文化財

組丁

屋台

囃子の音を活かす屋台の秘密!

昭和40年に完成した本屋台は、初めて宮大工ではなく地元の大工の手によって造られたものです。
十和田湖産の緋柱を用い、太鼓の反響をよくするために格天井を張り勾欄をめぐらせるなど、様々な工夫が凝らされています。

 

得意曲

宇現響